ダンスの練習法

【踊り手さん必見】実際に踊ってみたを撮影する時の注意点!

更新日:

こんにちは、ぷろです。

現在2019年10月です。2019年の後半戦に迫ってきましたね。みなさんいかがお過ごしでしょうか。

さて、この記事をみていただいているということは、あなたは踊り手さんですね??

今回はそんな踊り手さんの為に実際に踊ってみたを撮影する時の注意点をご紹介しようと思います!!

この記事を読む事で、実際に撮影して投稿するまでの工程がスムーズに進むでしょう。

実際に踊ってみたを撮影する時の注意点!

「よし、踊ってみたを撮影しよう!」

と、意気込んでみたものの意外と投稿までの道のりは長いんです。割と面倒臭かったりします。

というわけで、撮影する際の注意点をまとめておきますね!

1)撮影場所を決める時の注意点

まずはじめにご紹介するのは、撮影場所についてです。

憧れの踊り手さんが撮影しているのを見ると、「あれって一体どこで撮影しているんだろう〜?」って疑問に感じますよね。

実は撮影場所にも”おすすめスポット”が存在します!いわゆる『聖地』ですね。

もし聖地について詳しく知りたい〜!って方がいましたら、詳しくまとめた記事がありますのでそちらをご覧ください!!

1-1)注意点①場所の許可を取りましょう!

まず初めに絶対確認したいのは「その場所撮影OK?」という事です!

公共の施設(公園など)を使用する際は、大抵許可が必要となってきます。というのも公共の施設は、”みんなが”心地よく使用する場であるべきだからですね!!

残念ながら、世の中には「こういうところで撮影しないでほしい…邪魔」と感じる方も一定数いらっしゃいます。そういった方も満足できるように、我々踊り手も配慮しなければなりません!!

 

1-1-1)誰に許可を取れば良いのか?

その施設を管理してる人に許可を取りましょう!

例えば公園で撮影したい場合は、『その公園名+撮影+申請』等と検索すると許可の取り方が出てきます。

場合によっては区や市が管理しているので、その場合は市町村区のHPにアクセスすることになります。

地区によってルールが違うので自分の住む地域のことは把握しておくように!

1-1-2)手続きの流れは?

  1. 電話で直接許可を取るパターン
  2. 企画書を出して許可取るパターン

大抵はこの2つのパターンがあります。企画書は少々面倒ですが、複数人で撮影する時などは必要なケースが多いので慣れておくと良いでしょう。

1-2)注意点②人が写らないような場所を取りましょう!

次に注意したいのは、その撮影場所に人が通らないか?ということです!

踊ってみたの投稿をみていると、たまに一般人が写っていたりします。こちらは肖像権の侵害に繋がる行為です。

現在は動画投稿サイトで、いつでも誰でも気軽に動画をアップしたり鑑賞できる時代になりました。YouTubeやインスタでもみんなが動画をアップしています。

しかしこれらの行為は肖像権(プライバシーの権利)の侵害に繋がる行為であるとも言えます!!

人は誰でも私生活上の容姿を無断で撮影されたり、撮影された写真を勝手に公表されたりするのは不快であり、嫌悪感を覚えるものです。このような精神的な苦痛を受けないように保護を受けることのできる権利を肖像権と呼びます

引用:https://www.jame.or.jp/shozoken/syouzoukentoha.html

とはいったものの、全ての写真、動画で人が写らないよう配慮するのは現実的に困難です。なのでここの線引きは曖昧になっているんですね。

最もわかりやすいのは、『その写り具合で個人を特定できるか』が議論の対象になることが多いです。

なので背景と同化していたり、一瞬映り込むだけでしたら許容されると思って良いでしょう。

必ず、投稿前に人が写っていないかを確認するように!!(大きなトラブルに繋がる可能性があります)

2)撮影する時期やタイミングも注意!

撮影するタイミングや時期はとても重要です。

例えば、雨の日に野外で撮影しようと思っても難しいですよね。実はダンスって気候にとっても左右されやすい遊びなんです!!

ここでは撮影の時期やタイミングにおける注意点をご紹介します。

2-1)夜間の撮影には注意!

夜間の撮影には注意しましょう!人通りが少ないから夜間に撮りたいという方は多いのですが、中々面倒くさいです。

暗くて、全然映えません!!!

なので、準備が必要になってきます。

  1. カメラを用意する

カメラなのですが最近のiphoneは性能が良いので、ぶっちゃけこれでOKです。

ですが、ISO感度を調整できるカメラを用意すると綺麗に取れますよ。ISO感度というのは光の感度です。高ければ高いほど、僅かな光を感じ取ってくれます。

つまり、夜間はISO感度が高めの方がおすすめです。ちなみに2000程度が良いとされています!

おすすめのカメラはこちらに貼っておくのでよかったらチェックしてみてください。

CANON デジタルカメラ PowerShot SX420 IS

価格:19,480円
(2019/10/7 13:12時点)
感想(26件)

2.照明を用意する

次に照明が必要になってきます!!こちらも割と必須です。

おすすめを貼っておくのでよかったらチェックしてみてください。

【代引不可】NEEWER CN-160 LEDビデオライト 定常光ライト バネル型 160球 Canon Nikon Sigma Olympus Pentaxなどのカメラ ビデオカメラに対応 【並行輸入品】【05P03Dec16】

価格:2,774円
(2019/10/7 13:13時点)
感想(3件)

こんな感じで、結構しっかりした照明が必要です。

料金もそこまでしないので、早めに用意しておくと良いでしょう。

2-2)季節毎の注意点!夏はあつい!

次に注意したいのは、季節です!!

こちらは当たり前といえば当たり前なのですが、意外と見落としがちです。

冬は寒いので上着を用意しましょう。衣装の上から羽織れるものが良いですね。

反対に夏は暑いので薄めの衣装を用意しましょう。あと、汗をかくのでタオルも忘れずに!!

余談ですが、春や秋は季節感を演出しやすいので踊ってみたの撮影にはぴったりですよ!

2-3)土日は人が一杯いるので注意!

次に注意するのは曜日です。

学校や会社があるという方は難しいかもしれませんが、できれば平日に撮影するのが良いでしょう。

土日はどこの公園も混雑しています。先ほど説明した肖像権の問題が付きまとってくるんですね。これでは踊りに集中できません。

なので撮影日は平日の早朝など、人がいないタイミングを狙いましょう。

3)撮影機材は用意OK?見落としがちなポイント!

「いざ撮影しよう!」と意気込んだものの、わりと見落としがちなポイントをまとめました。

こちらは私ぷろが実際に”踊ってみた”を撮影した時に感じたものなので参考になるかと思います!

3-1)音はどうやって出す?

踊る時に、音出しはどうするのか決めましたか?

音を出してから、立ち位置に立つのでは間に合いませんよね。

もしリピート再生機能があれば、そちらを使って音源を流すと良いでしょう。

3-2)動画編集の準備はOK?

踊ってみたを撮影して、そのまま投稿するというわけにはいきませんよね。

音声合成や、エフェクト、不要な部分のカットなど課題は多くあります。

おすすめのソフトを2つご紹介しますね。

AviUtl

概要まとめサイト

少々勉強が必要となりますが、多くの踊り手さんに支持されています。概要を知りたい方は確認してみてください。

iMovie

公式サイト

こちらはMacやiphoneにデフォルトである有名な編集ソフトです。

初心者向けですが、少々使いづらい点もあるので注意しましょう。

まとめ:いざ撮影!となっても注意点が多い!

さて、ここまで実際に撮影する際に注意点をまとめましたが、みての通り多くのことを準備しなければなりません。

憧れの踊り手さんも多くの経験や手間を通じてあのようなクオリテイの高い動画を生産しているのですね。

中には有料のソフトが必要になったりとお金もかかりますが、踊ってみたを気持ちよく投稿するためにも手間を惜しまないようにしましょう!

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

アルパカダンサー ぷろ

ぷろです。職業はダンサー兼Webライター。アルパカダンサーとして踊ってみたやダンスに関する悩みの相談に乗っています。「踊ってみたの投稿に自信がなくて発信できない」という悩みを解決すべく、現在密着型講座を開催中。

おすすめ記事

1

「ダンスしてみたかったけど、小さい頃からやってないからもう遅い…」 「みんなみたいに踊ってみたを投稿したいけど、自分には無理…」   そんな、踊りを始めたいけどキッカケがなくて踏み出せない君 ...

2

こんにちは。ぷろです。   女の子ダンス始めたいけど、体硬すぎてヤバイ…   この記事をみてくれた方は、そんなお悩みをお持ちではないでしょうか?僕自身生まれつきとても体が硬くてダン ...

3

こんにちは。ぷろです。   女の子ダンス上手くなりたいけど、筋トレだけはしたくない!!   ダンスが上手い人を見ていると、みんな口を揃えて”筋トレが大事!”って言いますよね。ぷろも ...

-ダンスの練習法
-

Copyright© ぷろブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.