ダンスの練習法

たまに聞く”踊ってみた”って何?その概要と歴史を紹介!

みなさん、こんにちは。

アルパカダンサー ぷろです。

そろそろ夏も終わりに近づいてきましたね。貴方様は元気でやっているでしょうか?

今回の記事ですが、”踊ってみた”についての概要と、その歴史をご紹介させていただきます!

調べていくうちに気づく、”踊ってみた”の素晴らしさ、や”奥深さ”が沢山ありました!それでは、この辺で導入文を締めたいと思います。

踊ってみたとは?簡単な概要を紹介

”踊ってみたカテゴリとは、踊る人達が動画投稿するためのカテゴリタグである。”

引用:ニコニコ大百科 https://dic.nicovideo.jp/a/%E8%B8%8A%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%81%9F

はじめに言葉の定義ですが、踊ってみたというのはカテゴリタグのことなんですね!

ニコニコやYouTubeで動画投稿をする際に、”踊ってみた”とカテゴライズすることで必要な人に動画を届けることができるようになると。

様々な踊り手さんが、独自の振り付けやニュアンスで自由に投稿できるという素晴らしいシステムです。

曲や振り付けはどうやって決めている?

”ダンスをする”ためには、曲と振り付けが必要になってきますよね。では踊り手さんはそれらをどうしているのでしょうか?

曲について

ボカロ等のクリエイターさんが、基本的には曲を作っています!多くの踊り手さんは、クリエイターさんの曲を使用することになりますね。

ではその曲を勝手に使用しても良いのでしょうか?

答えは、そのクリエイターさんによります!!

例えば、我らが最強クリエイターHoneyWorksさんは自身のチャンネルで

「ニコニコ動画、YouTube、こえ部、等」Webで個人的に公開する範囲で、「歌ってみた、演奏してみた、アレンジ音源、オリジナル解釈のPV、BGM」としての使用は、自由にしてもらって構いません。歌詞改変、替え歌もご自由にどうぞ。(公認という意味ではありません)アルバム全曲を圧縮ファイルで公開する事や、動画配信する事は禁止します。”

引用:https://com.nicovideo.jp/community/co474645

このように記載していますね。クリエイターさんによって、OKかNGか分かれてくるので必ず確認してから使用するようにしましょう!

振り付けについて

次は、振り付けについてです!曲と同様、基本的にはクリエイターさんのオリジナル振り付けとなっています。

では、どのように練習すれば良いの?といった点ですが、YouTubeに振り付け動画が上がっているので、それをみながら練習してみましょう!

反転Ver.など、わかりやすいように工夫して作ってくださっているので、どんどん活用していきましょう!

元々は”踊らせてみた”から始まった?

それでは次に、踊ってみたの歴史に触れていきたいと思います。

私、この記事を書くにあたって色々調べてみたのですが、興味深い情報を手に入れたので、共有したいと思います!

”踊ってみた”は元々”踊らせてみた”だった!?

なんだかややこしいですが。(笑)どんな物事にも始まりというものが存在するわけで、”踊ってみた”にも始まりが存在するんですね。

”YOUTUBEで動画投稿ができるようになってパラパラDVD「世界制覇」を作った時だから、2004年~2005年の春そこらだったかなぁ。”

引用:DJ AIKEIのやってダメならもっとやれブログ(2009-2019https://ameblo.jp/djaikei/entry-12266063277.html

時代は2004年まで遡ります。ちなみにぷろはこの頃小学生です。(若い!)

”「世界制覇」というDVD。本編は外人さんが踊ってるのがメインで、海外から見た日本や、みんなで同じダンスを覚える・踊るというテーマで作りました。そこで生まれたのが「踊らせてみた」という言葉w”

引用:DJ AIKEIのやってダメならもっとやれブログ(2009-2019https://ameblo.jp/djaikei/entry-12266063277.html

少し省略してしまったのでわかりずらいですが、どうやら外人さんに出演してもらって「踊らせてみた」というワードでのDVDを発売したみたいですね。

このタグで投稿した動画は、バッサバッサ削除されましたよ。a●exの音源使用って問題が1番でしたが。この削除問題でYOUTUBEとかなりやりあったのは覚えてます。まぁーオイラもおーちゃくかったんで、、、今は反省してますが。 その次に本人なりすましのタグでつけたのが、 「踊ってみた」これが誕生秘話です。誰もやってなかったので後に「元祖」を名乗ってた位ですよw

引用:DJ AIKEIのやってダメならもっとやれブログ(2009-2019https://ameblo.jp/djaikei/entry-12266063277.html

それから「踊らせてみた」というワードをタグにしてYouTubeに投稿し始めたみたいです。でもあまりうまくいかなかったみたいですね。

その後に、本人なりすましでつけたのが「踊ってみた」というワードらしいです。

おそらく、外人さんにa●exのダンスをなりすませて投稿していたのでしょう。

踊ってみた という言葉は今や世界共通すごく誇らしく思います ( ^ ^ )踊ってみた の語源は 踊らせてみたからですけどね!

引用:DJ AIKEIのやってダメならもっとやれブログ(2009-2019https://ameblo.jp/djaikei/entry-12266063277.html

踊らせてみたから始まって、今の踊ってみたがあるんですね!(知らなかった)

様々な踊り手さんが大ブレイク!

そして現在では、YouTuber〜芸能人までいろんな人がUPしている踊ってみた。

そんな踊ってみたの歴史を作り上げてきた、踊り手さん達をザザッと紹介していきます!!

踊り手①愛川こずえさん

まずはじめに紹介するのは、愛川こずえさんです!

2009年に公開されており、現在1227万再生を突破している伝説的動画。この動画を観たとき、ぷろは中学生でしたね。

まさに踊ってみたの歴史を作り上げた一人者です!

ちなみに当時は動画投稿に対する価値観が今とは違くて”顔出し”をすること自体、個人情報保護の観点からありえないことでした。だからマスクなんですね〜!

何と言っても、素人とは思えない表現力とキレですよね。人気が出る理由が良くわかります。

踊り手②りりりちゃん

次にご紹介するのは、りりりちゃんです!

5歳からニコニコ動画で踊ってみたを投稿し始めて、今でもそのキレキレのダンスを披露してくれているりりりちゃん!若い。今現在(2019年)、14歳ですかね。

彼女は純粋な「ダンス楽しい!」という思いから投稿をしていると仰っていて、その綺麗な心にアルパカは少々の衰えを感じました。笑

最後に、りりりちゃんにとってダンスって何ですか?

”ええ!? ダンスとは・・・ダンスは、みんなで楽しく踊ったりするやつ!”

引用:https://kai-you.net/article/28517

そんなりりりちゃんに元気をもらっているユーザーは多いです。これからもその笑顔とダンスで盛り上げてほしいですね。

まとめ:踊ってみたの歴史は深い!

振り返ると、”踊らせてみた”から始まった”踊ってみた”。様々なクリエイターさん達が協力しあってこの文化を作り上げていることがわかりますね。

最近では中国の踊り手さんや、海外のアーティストさんが”踊ってみた”をSNSにUPするなどまさに世界共通言語になりつつあります。

こうした日本の素晴らしいカルチャーをさらに多くの人に知ってもらいたいですね。 

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

[no_toc] 『踊ってみたを私も投稿してみたいけどダンスしたことないし、そもそも練習の仕方から撮影の仕方まで何から何までよくわからない…』   こんな思いに応えます。   本記 ...

2

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

3

[no_toc] 「とりあえず踊り手真似てみるけど、”踊れるようになった!”という実感を得れず継続できない…」 「自分の容姿(スタイル含め)に自信がなく、踊っていても映えないのではないか…」 &nbs ...

4

ここでは、ダンスの自主練に使える基礎練習メニューをご紹介していきます! ダンスにおいて基礎練は結構疎かにしがちです!でも結構大切です!なので、このページをブックマークして毎日繰り返しみて練習するように ...

-ダンスの練習法
-

Copyright© ぷろブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.