ダンスの練習法

ダンスレッスンで上達する効果的な受け方について解説【経験談あり】

「ダンスレッスン通ってるけど中々上達しない…

「自分のダンスが下手すぎて恥ずかしい…」

こんな思いをお持ちの方に向けて書いています。

 

こんにちは、ぷろです。

今回はダンスレッスンで上達する効果的な受け方テクニックというテーマで話をしていきます。

ぷろは現時点でダンス歴4年で、2年前は年間600本程度レッスンを受けていました。

そんな中で、「こうやってレッスン受けたら上達するな!」と感じた点がいくつかあるのでそれを紹介していきたいと思います!

ダンスレッスンの受け方①:その日の目標を決める

一つ目のテクニックはその日の目標を決めることです!

目標を決めることによって”何を意識してレッスンに取り組むか”が明確になり、レッスンを受けるときに身が入るからです!

例えば「前回振り全然覚えられなかったから、今日は振りを絶対に間違えない!」といった目標を立てるとします!

そうすると、振り覚えに集中することができて、いつも以上に振り覚えを意識するようになります。

当たり前のことのように聞こえるかもしれませんが、レッスンを受けるときに何を意識するかは上達において非常に大切です。

ダンスレッスンの受け方②:積極的に前で踊る!

次は前で踊りましょう!というテクニックです!

レッスンを受けていると、みんなで踊る機会ってありますよね。あの時に積極的に前で踊ると良いです!

女の子
でも振り付けわかんないしミスりそうで怖い…

って感じて後ろで踊ってしまいがちですよね。でも、前で踊るとこんなメリットがあるんです!

一つ一つ解説していきます。

1.振りをミスることができる

これはダンスに限ったことではありませんが、人は間違えることで成長します!

正確には間違えて、それを改善することによって、ですね。

振りを間違えることによって、そこを改善することができます。

そして改善するという過程が成長の過程になってくるんですね!

2.広く踊ることができる

基本的にダンスのレッスン中は、みんな前に行きたがらないので後ろが詰まります。

なので後ろの方が狭くなってしまうんですね。

そんな中、前で踊れば空間を広く使うことができます!

やはり広いところで思いっきり踊れた方が、振りの可動域など多くの点を意識することができてお得です。

3.精神的に強くなる

次に精神的に強くなるといった利点があります。

やはりどうしてもダンスを人前で踊るというのは、緊張しますし恥ずかしいです。

しかしこういった緊張や恥ずかしさは、繰り返していくことによって段々なくなってきます。心が慣れてくるんですね。

そんな中前に出て踊ることができれば、本番の時にも動じないような強い精神力が身につきます。

ダンスレッスンの受け方③:質問する

次は、質問をする!というテクニックです。

ダンスのレッスン中は、中々インストラクターに質問をする機会がありません。

さらにインストラクターが「質問ある人?」と聞いても、みんな恥ずかしくて中々手をあげません。

しかし、わからないところは聞いた方が理解につながりますし、聞いた分だけ自分のノウハウが溜まっていきます。

なので、もし疑問に感じることや聞きたいことがあったら勇気を出して質問しましょう!

 

私ぷろも現在進行形でダンスレッスンに通っていますが、質問するようにしてから一気に上達しました。

僕の場合JAZZダンスの基礎練にある”ターンアウトの仕組み”についてずっと疑問に思っていたのですが、緊張して中々聞き出せなかったんです。

ですが、「このままではいけない」と思って勇気出して先生に聞いてみたら、今までの悩みが嘘かのようにスーッとターンアウトの仕組みがわかりました。

この経験から、やはり質問するといことは問題解決に直接繋がるんだなぁ〜と実感しました。

さらに質問したことによって、その先生との距離感も縮まるようになった気がします!

ダンスレッスンの受け方④:自分ばっかり見ない

次のテクニックは、レッスン中自分ばっかり見ない!ということです。

ダンススタジオには目の前に鏡がありますし、どうしてもその鏡ばっかり見てしまいます。

しかし、自分ばっかり見てしまうと踊るときに鏡ばかりを見る癖がついてしまい、前にしか視点がないダンサーになってしまいます。

もちろん自分を見ることも大事ですが、下記も意識しましょう。

  • インストラクターの動きを見て真似する
  • 他のレッスンを受けてる人がどうやって受けているかを見る

視野を広く持つことで、一回のレッスンで吸収できる情報量が一気に広がりますよ!

ダンスレッスンの受け方⑤:学んだことをメモする

レッスンを受けた後は、その日学んだことをメモしましょう!そこまで網羅的にメモすると大変なので、一言で良いです!

メモすることによって、その日の学びが自分自身の血肉になっていきます。

例えば、「踊るとき、呼吸を意識すると良いということに気づいた」など、本当に一言でいいのでメモをしましょう。

そしてここでメモした内容を次のレッスンの『ダンスレッスンの受け方①:その日の目標を決める』に活かして下さい。

 

こうして目標立て〜復習を繰り返していくと段々ノウハウが溜まっていきますよ!

実際にダンスのレッスンを受けてみる!

もしまだレッスンを受けていない!という方は実際にダンスレッスンを経験してみると良いです!

『TOKYO STEPS ARTS』は高田馬場にあるダンス&芸能専門学院で、ダンス芸能関連で勤めたい!という方は是非体験レッスンを申し込んでみると良いでしょう!

こちらのスクールはぷろ自身今もお世話になっているインストラクターが多数在籍しています。

信頼できる凄腕ダンサーさん達ですので一度体験してみて下さい。


*体験レッスンもあります

 

またダンススクールについてもっと詳しく知りたい!という方は下記の記事も一緒に参考にしてみて下さい。

東京都内の主要なダンススクール7社を比較してみた!それぞれの特徴もご紹介!

  皆さんこんにちは。ぷろです。   女の子ダンススタジオに通いたいけど、どれが良いのかわからない!!   という方に向けて今回は、東京都内のダンススクールについて紹介や ...

続きを見る

まとめ:ダンスレッスンの受け方を意識して、より質の高いレッスンを!

ダンスのレッスンはただ受けるだけではなく、一つ一つ意識して受けると効果が倍増します。

今回紹介した受け方を是非実践してみて下さい。

意識して、練習して、復習して、また意識する、、の繰り返しで人は成長していきます。

ダンスの練習、頑張って下さいね!

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

[no_toc] 『踊ってみたを私も投稿してみたいけどダンスしたことないし、そもそも練習の仕方から撮影の仕方まで何から何までよくわからない…』   こんな思いに応えます。   本記 ...

2

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

3

[no_toc] 「とりあえず踊り手真似てみるけど、”踊れるようになった!”という実感を得れず継続できない…」 「自分の容姿(スタイル含め)に自信がなく、踊っていても映えないのではないか…」 &nbs ...

4

ここでは、ダンスの自主練に使える基礎練習メニューをご紹介していきます! ダンスにおいて基礎練は結構疎かにしがちです!でも結構大切です!なので、このページをブックマークして毎日繰り返しみて練習するように ...

-ダンスの練習法
-

Copyright© ぷろブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.