ダンス練習メニュー ダンスの練習法

ダンスのアイソレーションメニューをご紹介!【6分練習動画あり】

[no_toc]
こんにちは。ぷろです。

 

アイソレーションってたまに聞くけど練習なにすれば良いかわからない…

そもそもアイソレーションってなんだ…?

 

今回はそんな方に向けてアイソレーションの練習メニューや簡単な概要を紹介していきます。

一日6分から実践できるアイソレーションの練習動画も合わせて紹介していくので気になるかたはこちらをクリックしてくださいね。

 

▼アイソレーション動画はこちら▼

 

ダンスにおけるアイソレーションメニューをご紹介!

それでは実際にアイソレーションメニューをみていきましょう。

 

動かす箇所は、大きく4箇所です!

・首(くび)

・胸(むね)

・腰(こし)

・肩(かた)

この4箇所を押さえておけばとりあえず大丈夫ですよ!

 

【ダンス用】毎日6分で出来るアイソレーション【初心者向け】

毎日6分で出来るアイソレーション動画です!こちらの動画にやることをまとめているので、動画をみながら覚えるのが一番効率よくてオススメです。

やっぱり練習は実践してみることが大切なので、是非実際にやってみてください。

またはじめのうちは体の部位のどこを動かせば良いかわからないと思うので、こちらの記事にちょくちょく戻りながら頑張ってくださいね。

 

動画学習→この記事ページをみて要点を勉強

 

この手順がオススメです!

 

アイソレーションのことを『アイソレ』と略すことが多いです。ここからは『アイソレ』でいきますね!

 

【重要】基本的な流れ

アイソレーションの練習をしていると、今どこを動かしているんだ!? 急にテンポが早くなった!? ということになりがちです。

なのでまずは基本的な流れを覚えちゃいましょう。

 

  1. 前後ろ(上下)→左右→全体を回す
  2. ゆっくり動かす→早めに動かす

 

この練習の流れをつかむことが最重要です!

1)首のアイソレ

▼ 前後ろ

▼ 右左

▼ ヘッドロール!

ヘッドロールは左右2回ずつ回すようにしてください。

ヘッドロールの回す箇所: 首→胸→体全体

の順番で取り組んでください!

 

  1. 前後ろ(上下)→左右→全体を回す
  2. ゆっくり動かす→早めに動かす

 

この流れですよ!

 

ゆっくり→早く動かすは厳密にはカウント!

 

厳密にはカウントでテンポが変わっていますが、ゆっくり→早くという風に覚えてしまえばOKです。

ただこの辺は動画をみながらがわかりやすいと思うので動画をチェックしてください。

アイソレーション動画に戻る

 

首のアイソレをするときの注意点や効果

注意点
  • 首回りは特に力みがちな部位です。無理矢理動かそうとしないように!
  • ストレッチの延長線上だと思って、あくまで伸ばすことを意識しましょう!
  • 肩が上がってしまわないように!
効果
  • 首を動かす時、肩が上がらなくなる!
  • 色々な方向に首を動かすので、逆に正面がどこにあるのかわかるようになる
  • 踊る時の視界が広がる

2)胸のアイソレ

▼ 前後ろ

▼ 左右

▼ 胸を左右に回します!

 

  1. 前後ろ(上下)→左右→全体を回す
  2. ゆっくり動かす→早めに動かす

 

この流れで胸もアイソレしてくださいね!

 

繰り返しますが動画をみながらがわかりやすいと思うので動画をチェックしてください。

アイソレーション動画に戻る

 

胸のアイソレをするときの注意点や効果

注意点
  • 前後にアイソレするとき、肩が一緒に動かないように!
  • お腹ではなく、胸を動かします!
  • できるだけ遠くを通るように意識してアイソレしてください!
効果
  • 首を動かす時、肩が上がらなくなる!
  • 色々な方向に首を動かすので、逆に正面がどこにあるのかわかるようになる
  • 踊る時の視界が広がる

3)腰のアイソレ

▼ 前後ろ

▼ 左右

▼ 腰を回します!

 

  1. 前後ろ(上下)→左右→全体を回す
  2. ゆっくり動かす→早めに動かす

 

この流れで腰もアイソレしてくださいね!

 

繰り返しますが動画をみながらがわかりやすいと思うので動画をチェックしてください。

アイソレーション動画に戻る

 

腰のアイソレをするときの注意点や効果

注意点
  • Uの字にアイソレするイメージです!
  • 体の部位の中でも全然動かないところなので、できなくても落ち込まないように!

 

効果
  • ウェーブという動きを身につけることができるようになる!
  • 下半身をしっかり使いながら踊れるようになり、動きがよりダンスっぽくなる!

4)肩のアイソレ

上下

▼ 右 左の順に上にあげます

 

繰り返しますが動画をみながらがわかりやすいと思うので動画をチェックしてください。

アイソレーション動画に戻る

 

肩のアイソレをするときの注意点や効果

注意点
  • 一つ一つパキパキと動かしましょう!
  • 肩につられて首や腕が一緒に動かないように!
効果
  • 肩は踊っているときに一番無駄な力が入りやすいパーツです
  • 肩をコントロールできるようになることで、上半身を使う時の余計な“力み”がなくなります!

ダンスにおけるアイソレーションの全体像

それでは、アイソレーションの全体像をみていきましょう。

やはり全体像を理解することで、練習の質はグッと上がります!勉強も頑張りましょう。

 

そもそもアイソレーションとは

アイソレーションは英語でisolationと翻訳できます。分離、独立といった意味を持ちます。

首、胸、腰、肩など体の一部分を動かす練習なんですね!この時他のパーツは動かしません。

とはいってもピンとこないと思うので、続きで詳しく解説していきますね。

アイソレーションの目的とは

なぜアイソレーションをするのでしょうか?

それは、体のパーツを思い通りに動かせるようになるためです!

試しに『パー・グー・チョキ』と唱えながら『グー・チョキ・パー』の順で実際に右手を動かしてみてください。中々できませんよね。

自分の体って、意外とコントロールできないんです。この煩わしさを解消するための練習!と覚えましょう!

アイソレーションをする時の注意点

  1. 少しでも遠くまで体を突き出す
  2. 動かすときクレッシェンド(だんだん強く)を意識する
  3. 体の軸はまっすぐを意識!

この3点を特に意識してください!

アイソレーションのコツ:体がジェンガだと思うと良い!(笑)

自分の体がジェンガブロックだと思いましょう!(笑)

ジェンガをするとき、他のブロックは動かさないように慎重に突き動かしますよね。

そのイメージです!

 

30DAYSチャレンジを一緒に練習しよう!企画もやっています

おそらくこの記事を見てくれたあなたはこう感じませんか?

 

アイソレーションのやり方がわかった!よし!練習しよう! …んーでもまぁまた今度でいいか。。

 

実際に自主練しよう!と思っても、なんだかんだ実践出来ないものですし、文章だけだとよくわかんなかったりしますよね。実際ぷろがダンス初心者でこの記事を読んでも、実際に自主練する!という行動には移せないと思います。

 

なので、踊ってみよう!30DAYSチャレンジという形で一緒に計画立てながら指導形式で自主練に挑戦してもらうプログラムも合わせてご用意しています!

  • 30日間生活リズムに合わせて練習スケジュールを一緒に組み立てる
  • 振り付けのレクチャー、覚え方についての指導
  • 基礎練(ストレッチ・筋トレ等)の取り組み方やメニューの提供 ポイント解説
  • ダンスが上手くなるコツを詰め込んだテクニック集
  • 君のダンスを好きな時に添削
  • その後あなたがどのようにダンスと向き合っていくかについて一緒に相談(そのためにできることをサポート)

こういったサポートをさせていただきます!詳しくはコチラの記事を参照ください!

アルパカダンサーぷろって何者?ダンスを始めたくても自信がなくて 一歩踏み出せない君に向けて

 

また、気になる方は下記のLINEに登録してください!

友だち追加

*無料で相談受け付けています

 

まとめ:アイソレーションを毎日コツコツ練習して、体をコントロールできるようになろう!

アイソレーションは、きめ細かい動きを生み出すために必須のトレーニングです!

ダンスの表現力を高めたい!という方はアイソレを徹底的に練習することで色々な動きができるようになって、体の表現力が高まります。

はじめは特に苦戦するアイソレですが、この記事に記載したことを意識して練習しましょう!

▲アイソレーション動画に戻る

 

 

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

[no_toc] 『踊ってみたを私も投稿してみたいけどダンスしたことないし、そもそも練習の仕方から撮影の仕方まで何から何までよくわからない…』   こんな思いに応えます。   本記 ...

2

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

3

[no_toc] 「とりあえず踊り手真似てみるけど、”踊れるようになった!”という実感を得れず継続できない…」 「自分の容姿(スタイル含め)に自信がなく、踊っていても映えないのではないか…」 &nbs ...

4

ここでは、ダンスの自主練に使える基礎練習メニューをご紹介していきます! ダンスにおいて基礎練は結構疎かにしがちです!でも結構大切です!なので、このページをブックマークして毎日繰り返しみて練習するように ...

-ダンス練習メニュー, ダンスの練習法

Copyright© ぷろブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.