ダンスの練習法

【朗報】ダンスの振り付けは誰でも作れる!簡単な4STEPをご紹介

「ダンスの振り付けをどう作れば良いか知りたい」

「自分でオリジナル振り付けを作って楽しみたい!」

「創作ダンスでや文化祭で使う振り付けで悩んでいる」

そんな方に向けて書いています。

 

こんにちは。アルパカダンサー ぷろです。

 

ダンスといえば振り付けを覚えて踊りますけど、実際どうやって作ればいいのかわからないですよね。

でも自分で振り付けを作ってそれで楽しむことができたらすんごい楽しそう…って感じます!

私ぷろもダンスを経験して1年くらい経ったとき、オリジナルの振り付けを作ることに憧れました。

やっぱり、自分で作る振り付けを自分で踊るってあこがれるじゃないですか!

今回はダンス歴4年で過去30曲くらいの振り付けを作ってきた経験者の立場から、「ダンスの振り付けはどのように作れば良いのか」について解説して行きます。

それでは行ってみましょう。

前提!1年程度ダンスを経験しないと厳しい!

まずはじめに悲報なのですが、ダンスの振り付けを作るためにはある程度の経験値が必要になってきます。

というのも、自分の体の中に「振りのボキャブラリー」がないと振り付けを作ることができないからですね。

数学の問題で例えると、「自分の頭の中に問題を解く公式がないと問題が解けない」ような状態と同じです。公式なしで問題解くのはよほど頭良くないとキツイですよね。

「振りのボキャブラリー」が体に身につくと、直感的に振り付けを作ることができるよになります!私たちが「1+1=2!」と直感的に答えられるのと同じように!(笑)

 

そして必要なダンス経験ですが、およそ1年くらいを見積もりましょう。

1年経験すれば結構ボキャブラリーが増えてくるので、直感的に振りが思いつようになります。

 

女の子
「でも…1年経験しているけど振りなんて思いつかない…」

1年で振りを作れる!といっても、このように考える方いるでしょう。そういった方には下記二つの原因があるように感じます。

・振りの経験値が足りない

・振りは簡単に作れるということに気づいていない(大半はこっちでしょう)

振りの経験値については努力するしかありません。時間をかけましょう。

ですが実際は「振りは簡単に作れるということに気づいていない」方が多いでしょう。実は振りなんて、わりと誰でも簡単に思いつくものなんです。

 

ダンスの振り付けを作るSTEPを紹介!

振りは誰でも簡単に思いつく!と言いましたが、事実です。

なぜなら、私たちは日常で何気なく振り付けを作っているからです。

 

例えばイヤホンで音楽を聴いている時に、メロディに合わせて顔が動いてしまうことありませんか?

あの感覚をさらに大きくしたものが、振り付けの正体です。

あとはオーケストラの人たちがわかりやすいかもです。特に指揮者なんて音楽を体で激しく表現してますよね。あれも振り付けの正体なんです。

 

というわけで、振り付けとは”なんとなく音に合わせて体が動く感覚を応用したもの”と覚えましょう!

ここからは振り付けを作る簡単4STEPの紹介です。振り付けを作る際に参考にしてみてくださいね。

STEP1:振り付けする曲を決める

まずは曲決めです。振り付けをする曲を決めましょう。

基本的には好きな曲でいいです。ただし踊ってみたをして投稿したい!という方は著作権に注意しましょう。

著作権について

著作権は複雑ですが、考え方としては「誰かが作ったものを勝手に使ってはいけない」と考えましょう。

勝手にというところがポイントです。許可をとれればOKなんですね。

アーティストや歌い手さんが「踊ってみたに使っていいですよ」と公表している場合はOKです。必ず確認してから使うようにしましょうね!

振り付けする曲を決めても、踊っているうちに「違うなー」と感じたら別の曲にする、なども可能です。柔軟に変えて行きましょう。

STEP2:なんとなく振り付けのイメージを膨らます

振り付けする曲を決めたら、なんとなくで良いので曲のイメージを膨らませてください。

  • その人がどこで歌っているか(草原で歌っている、広いステージで踊っている、など)
  • その曲のメッセージは何か(感動なのか、失恋なのか、など)
  • 自分がその曲を踊っているイメージ

イメージするときは、上記のような点を意識しましょう!

事前にイメージすることで、振り作りの方向性を整えるためです。

STEP3:カウントか歌詞で口ずさみながら適当に踊ってみる

さて、ここから実際に踊っていきます!音を聴きながらなんとなく体を動かして行きましょう!

このとき、ただ体を動かすのではなく下記の点を同時並行で行うと良いです。

  • カウントを口ずさむ(洋楽でおすすめ)
  • 歌詞を口ずさむ(邦楽でおすすめ)

カウントか歌詞を口ずさみながら体を動かして行きます。

好きな方で良いですが、洋楽ならカウント、邦楽なら歌詞がおすすめです。

特に邦楽の場合は、口ずさむことで歌詞の世界観を自然と体で表現したような振りが思いつきやすくなります。

区切りの良いところまで、振りを作ってみましょう。なんとなくで大丈夫です!

STEP4:振りを作ったらすかさず録画!

振りができたら、すかさず録画しましょう!

例えば、アイデアが浮かんでもメモしないと忘れますよね。それと同じで、振りも思いついたところですぐ忘れます。

また振り付けはその時々の気分によって変わってくるものなので、こまめに録画して修正していくことが大切です!

 

以上が、振り付けを作るための4STEPです。

手順に沿って、オリジナルの振り付けを作ってみてくださいね〜!

 

ダンスの振り付けを覚える練習に役立つ動画特集!

前述しましたが、ダンスの振り付けを作るためにはある程度の経験が必要です。

なので、ここでは自主練式でダンスの振り付け練習が行えるYouTube動画を紹介して行きます!

たくさん練習して、振り付けができるレベルまで経験値をためましょう!

 

【カッコいい】HIPHOPの振り付けならコチラ!

【簡単なのにカッコイイ! 創作ダンス振り付けが作れない初心者のための動画 | 中学生・高校生の体育授業・発表会に】

カッコいい振り付けに挑戦したい方はダンサーYU-SUKEさんの振り付け講座がおすすめです。

後ろ向きでわかりやすく教えてくれているのがポイントで、初心者の方に優しいゆっくりの説明なのですーっと振り付けが入ってきます。

特に男性はカッコいい振り付けが好きな方多いと思うので要チェックです。

K-POPなら

【少女時代「Gee」の振り付け・踊り方】

女性に特に人気なのはK-POPです!

K-POPに挑戦したい方は、こちらの動画で練習すると良いでしょう。

わかりやすい言葉で一つ一つの動作を教えてくれるので、初心者にも優しいです。

楽しく振りを覚えるなら

【嵐ARASHIダンス今スグ踊れる【初心者】振付レッスン!プロアイドル振付師Junko☆】

Junko☆先生というダンスの教え方がすごく上手な先生によるレクチャーです!

また教え方が上手いだけではなく、振りの教え方がとても面白くて楽しいです。

楽しく振り付けを覚えたい!という方はこちらをチャンネル登録しておくと良いでしょう。

30日間でとりあえず練習してみるなら


【『12345』踊ってみた 振り付け 曲通しver.】

ダンスを始めたいけど何をすれば良いかわからない…踊ってみたに挑戦したいけど始めるキッカケがない…

こういった思いをお持ちの方に向けて踊ってみたを30日間で投稿できるようになるための練習スケジュールを用意しています!

とりあえずダンスをしてみたい!という思いにお答えする企画なのでこれからダンスを初めてみたいという初心者や未経験者の方に最適なものになっています。

無料でいますぐ始められるので気になるかたはチェックしてみてください。

保護中: 【初心者向け】ダンスの練習法を30日間で掴むためのスケジュール紹介

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

続きを見る

 

まとめ:ダンスの振り付けは誰でも簡単に作れる!まずは30DAYSチャレンジで練習してみよう!

ダンスの振り付けは誰でも簡単に作ることができます。

上記4STEPでいますぐ実践してみてくださいね〜!

ですが振りを作るためには1年程度の下積みが必要です。

なのでまずは踊ってみよう!30DAYSチャレンジに挑戦してみてください!いますぐ誰でも始められますよ。

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

[no_toc] 『踊ってみたを私も投稿してみたいけどダンスしたことないし、そもそも練習の仕方から撮影の仕方まで何から何までよくわからない…』   こんな思いに応えます。   本記 ...

2

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

3

[no_toc] 「とりあえず踊り手真似てみるけど、”踊れるようになった!”という実感を得れず継続できない…」 「自分の容姿(スタイル含め)に自信がなく、踊っていても映えないのではないか…」 &nbs ...

4

ここでは、ダンスの自主練に使える基礎練習メニューをご紹介していきます! ダンスにおいて基礎練は結構疎かにしがちです!でも結構大切です!なので、このページをブックマークして毎日繰り返しみて練習するように ...

-ダンスの練習法
-

Copyright© ぷろブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.