【期間限定】ダンスの振り付けを倍速で覚える『教科書』をプレゼント中!

【期間限定公開】ダンスの振り付けを倍速で覚え、観客を惹きつける方法

2020年7月22日 2020年7月28日

 

はじめまして。ぷろと申します。

普段、ダンス初心者に向けて練習法を教えたり

僕自身もひっそりと踊りながら、生活しています。

 

今回なんですが

ダンス上手くなりたいけど、どうすればいいかわからない!

という初心者の方向けに

 

読むだけでダンスの振り覚えが2倍速になる書物を作成しました。

 

実際、この書物に書かれている内容を実践して

今まで全く振りが覚えられなかった人が、

7回繰り返し踊るだけで、サクッと振り付け覚えられるようになったり…。

 

かなり再現性の高い内容となっています。

 

今よりも上手くなって、

他の部活・サークルメンバー、スタジオのダンス仲間よりも

圧倒的なスキルを身につけて、舞台に立ちたいんだ!

 

という人には、ピッタリなんじゃないかなと。

 

ダンスって、振り覚えができるようなってからが面白いんですよ。

 

今までやったことない振り付けに挑戦したり

自分の得意な部分を伸ばしたり、改善点を直したり…

といった感じで、自分のダンスの精度をぐんぐん伸ばしていくことができます。

 

なので、是非とも僕の作成した『The Choreographer Bible』を読んでいただき、振り覚えがサクッと出来る状態を目指して欲しいな、と。

 

 

\無料で振り覚えを極める/

 

 

ダンス始めたいけど何をすれば良いかわからない

運動神経やリズム感がないから踊れない

先生の教えるスピードが早すぎてついていけない

 

 

という方には何かヒントになることが書いてあるはずですよ。

LINEの友達になって「The Choreographer Bible」を読んでいただいた方には…

 

 

周りのメンバーより上手く踊れるようになれる

舞台に立って多くの声援を貰えるようになる

満席の会場の中、スポットライトを浴びることが出来る

観客があなたに一斉に注目する瞬間の景色がみれる

ダンスを通じて観客を感動させる事ができるようになる

 

 

こんな未来が待っているでしょう。

 

「The Choreographer Bibel(振り付けの教科書)』の内容ですが

 

累計1000本以上のレッスンを受け、

HIPHOP,JAZZ,バレエ…など様々なジャンルを経験したからこそ分かる、

振り覚えの本質をまとめたをお渡しします。

 

 

多くの初心者が陥ってしまう振り覚えの最大の誤解

一度身に付ければ一生使える振り覚えのフレームワーク

振り付けを自分の体に染み付ける為の復習方法

「振りが出てこない…」を無くす弱点改善方法

振り覚えに限らず、勉強やスポーツにも応用できる秘伝の技

YouTubeを使った20分振り付け練習法

 

 

この他にも、

振り付けを覚え、ダンスを飛躍的に上達させるために必要なノウハウ

ギュッと詰め込んだ内容になっています。

 

普段のレッスンであまり教わることのない

振り付けの覚え方をこれを機にマスターしていただければと。

 

 

定員に達しだい、締め切ります。

 

こちらの教科書ですが、定員に達しだい配布を打ち切りたいと思います。

 

多くの人に見て頂きたい気持ちはあるんですが、

この教科書を受け取った方には、振り付け以外にも様々な練習法をお伝えして、

ダンスの上達を今後もサポートしていきたいと思っています。

 

なので、あまりにも多すぎると現状手が回らなくなってしまうので、

定員に達しだい、締め切ろうと思います。気になる方は早めに受け取っておいてください。

 

 

今なら・・・

 

また、今なら振り付けの教科書を読んでいただいた方限定で

 

「ダンス完全上達マニュアル」

 

も特典としてお付けいたします。

 

 

こちらは読むだけで「どうすれば上達するのか」が理解できるようになっているので、

「これからダンスを上達したい!」と思っている人にとっては必須の内容となっています。

 

 

ダンス上達に必要な4つの能力

練習の質を高める極意

練習量の圧倒的な高め方

振り付け習得度を上げる日常トレーニング

洞察力と観察力を高めて振り覚えを早くする方法

 

 

以前有料で販売していた内容も多々含まれており、

こちらの特典だけでもかなりダンスが上達する内容となっています。

 

特典の方も、いつ配布を打ち切るかわからないので、

ダンスを上手くなりたい!という方は、今のうちに受け取っておくことをおすすめします。

 

 

\今だけ、特典付き!プレゼントを受け取る/

 

 

 

 

 

2020年に入ってから、かなりの日数をかけて

『The Choreographer Bible』を作成したんですが…。

やっぱりきになるのは、

 

「どうして、わざわざそんなものを作ってるの?」

 

ってことですよね。笑

 

なにか高額な商材を売りつけられるんじゃないか…

とか

実は個人情報を盗むためなんじゃないか…

とか

 

色々不安に感じる方も、多いと思います。

 

なので、ここから少し僕の昔話を皆さんに聞いていただければと思います。

この物語を聞けば、「どうして僕が初心者向けにダンスを教えているのか?」がわかるかと思います。

5分程度でサクッと読めるので、どうぞ最後までお付き合いください。

 

 

平凡な大学生が、”今”を変えたくてダンスに挑戦

 

僕がダンスを始めたのは、大学1年生の秋でした。

 

漠然と「今の自分を変えたい!もっと凄い存在になりたい!」という思いがあり

当時何も取り柄のなかった僕は、思い切って飛び込んでみたんです。

 

サークルへは途中参加だったので、自分だけ未経験者…という状況の中、

劣等感を感じながらも、なんとかみんなと馴染もうと必死でしたね。笑

 

ダンスサークルに入ったは良いものの、

最初は何をすれば良いかさっぱりわかりませんでした。

 

他の体育会部活と違って

練習に決まった型があるわけではないですし

周りの同期や先輩に練習法を聞くのも、

なんか恥ずかしくて当時の僕にはできませんでした。笑

 

新たな挑戦なので楽しかったのですが

どうしても周りと自分を比較してしまい、

「自分全然だめやん…」って劣等感を感じる日々でしたね。

 

 

特に辛かったのが、サークルのレッスン中

少人数で前で踊られるやつです笑

前に人がいないと何が何だかわからなかったので

出来る限り大人数で踊りたかったんですが…

 

練習の最後の方に必ず少人数で踊る時間があったんですよね。

もうそれが辛くて仕方なかったです笑

先生の「前半と後半でわけるよ〜」って言葉が恐怖でしたね…。

 

今まで大した運動もしてこなかったし

人前に立って何か披露する経験もなかったし

リズム感はもちろんなかったので

 

愚直についていくしかない!と思い、

なんとか食らいつくつもりで練習していました。

 

「とにかく上手くなりたい!」初舞台への挑戦

 

サークルに入った1ヶ月後くらいに、

メンバーとして最初の舞台がある、という話を聞きました。

 

サークルメンバーで一丸となって

コンテストに出場する…とのこと。

 

当時、

 

 

「とにかく上手くなりたい!」

 

 

という思いの強かった僕は、迷わず参加を決めました。

 

 

コンテストということで

3学年同時にダンスを披露し、

他大学より優れたパフォーマンスをすることで

いかに優秀な結果を残せるか?が試される舞台でした。

 

つまり、ガッツリ実力の求められる舞台だったんですね笑

 

当時僕はサークル1実力がなかったので、

周囲からも「流石にぷろが出たら足手まといだろ…」という目線を向けられました。

 

もちろん自覚もあったし

「みんなに迷惑かけるわけにはいけない!」と思って、必死に練習しました。

 

周りの人になんとかついて行こうとし

先輩に振り付けのコツを聞いていたら

 

無事、本番の立ち位置をもらうことができました。(一番後ろの隅っこでしたがw)

 

コンテストという大事な舞台で、

さすがにミスをするわけにはいかないし

 

 

「なんとかサークルを勝利に導かないと!」

 

 

と思ってたので、普段以上に練習に熱を込めました。

 

この頃から周りも徐々に、

「ダンスは下手だけど、努力家な面は認める」

といってくれるようになりましたね。

 

目立とうとしてるだけの痛い奴

 

ダンスサークルのメンバーとして初めての舞台に立ち、

コンテストの場で初のダンスを披露することができたのですが…

 

結果、散々でした。笑

 

どうやら僕だけ動きが可笑しかったらしく

 

「オーバーに動いて、目立とうとしていただけの痛い奴」

 

という立派な烙印を押されました。苦笑

 

特に踊っている時の表情が酷かったらしく

一部のメンバーからは、僕が前で踊る度に爆笑されるように。

 

対して僕はプライドが高かったので、

 

 

「なんで俺ばっか笑われなきゃいけないんだ…!」

 

 

と不機嫌になり、腫れ物扱いされたりもしました。

 

 

 

 

それ以降、人前で踊ることにめちゃくちゃ抵抗感が湧き

段々とサークルメンバーとも距離を置くようになりました。

 

ただひたすら黙々と練習し

 

 

「ダンスを上手くなって、見返してやる…!!」

 

 

という思いを、フツフツと沸かせていました。

 

段違いな実力に触れ、ダンス人生に変化が起こる

 

ある日、とあるダンスの練習会に先輩から誘ってもらいました。

深夜練だったのですが、自分の好きな振りを、好きなように踊る…というテーマの練習会です。

参加したのは、

 

  • 僕のサークルの先輩1人
  • 他サークルの先輩1人

 

の3人です。

 

先輩達が振り付けを持ち寄ってくれて

僕は、先輩が教えてくれる振りをひたすら覚える…ということをしていました。

 

先輩のレベルが高すぎて、全然ついていけませんでしたが

その時参加していた他サークルの先輩が、

僕のダンス人生を大きく変えるキッカケとなったのです。

 

その時いた、他サークルの先輩は、

ダンスサークル界ではかなり上手い人と有名で

正直自分の所属していたサークルメンバーと比較しても

誰よりも段違いに実力がある…というレベルの方でした。

 

 

「この人の練習法が知りたい!」

 

 

と思った僕は、練習の休憩中に

 

「普段どうやって練習してるんですか?」

 

って聞いてみたんです。

 

すると

 

「サークル以外で練習してるよ」

 

と言われ、話を聞いてみたところ、

都内のダンスレッスンに通って、

サークル練以外でも練習していることを知りました。

 

(なるほど。やっぱりサークル以外で練習してるんだな…)

 

と思い興味を持った僕は、練習内容など色々聞いてみると

 

「ダンススクールの体験行ってみれば?」

 

といわれ、即決で「よし、行ってみよう」と思うようになりました。

 

行ってみたら、プロダンサー御用達の場所だった・・・

 

他サークルの先輩の紹介もあり、

サークル以外でもスクールに通って練習をするようになりました。

 

しかもそのスクールは、

プロのダンサーが普段練習しているような

経験者専用スタジオでした。笑

 

 

 

 

体験行った瞬間

 

(あ、やべえ…ついていけない奴だ…)

 

ってなりましたし、

明らかに実力不足だったので、

かなりアウェイだったのを覚えています。

 

ですが同時に

 

 

「ここに通えば、確実に上手くなれる…サークルメンバーを見返せる!」

 

 

という思いも沸きましたね。

 

練習メニューは鬼畜でしたが

 

「どうしてダンスの基礎練をするべきなのか?」

「どのようにダンスは上達していくのか?」

 

といった本質部分から、

将来プロとしてダンスをする上で必要なことなど

かなり深いところまで学ぶことが出来たんですよね。

 

周りでレッスンを受けている人も

みんな、本気でダンス上手くなりたい!と思ってる人でしたし

熱量が半端じゃなかったです。

 

サークルに足を運んで活動をする傍ら

レッスンに毎日のように通い詰める日々が始まりました。

 

多いときは毎日5レッスン受けており、(受け放題コースでした笑)

毎晩ボロボロになりながら帰っていました。

それから1年間で、約500本のレッスンに通ったと思います。

 

他のサークルメンバーに比べて

明らかに踊る回数が多かったので

上達スピードも、圧倒的に早くなりました。

 

それからというもの

ぐんぐん成長するようになり

(自分で言うのもアレですが)

立ち位置もどんどん良くなっていきました。

 

しかもそのダンスレッスンで学んだのは

振り付けをその場で覚えるだけ…の短期的なノウハウではなく

 

「そもそもどうやってダンスの振り付けを覚えれば良いのか?」

「そもそも基礎練とはどういったやり方で取り組めば良いのか?」

 

といった本質的なスキルだったので

あらゆる振り付け師さんの踊りで応用できたし

どのジャンルにも通じる基礎力を身につけることが出来たのです。

 

ダンススクールでプロのダンサーと一緒に学んでいく中で

段々と周りのサークルメンバー、先輩にも実力で追いつくことができるようになり

3年生の幹部代では、センターとして踊らせていただくようにもなりました。

 

当時毎日のように通っていたダンススクールには

ダンスの上達に必要なことを一通り教わることができ

今でもそのノウハウが土台となっているので

本当に感謝しています。

 

人生初のスポットライトや歓声を受ける

 

段々周りからも実力を認められるようになっていき

「ぷろのダンス好き!」と言ってもらえる機会も増えていきました。

 

その頃から、いろんな振り付け師のダンスナンバーに出演するようになり

表舞台でダンスを披露し、大きな歓声を頂けることも多々ありました。

 

今までの人生でスポットライト浴びたり歓声をもらう経験などなかったし

人前で何かを披露することもなかったので

舞台上から観た景色は、他に変えようのない、一生忘れられない景色になりましたね。

 

 

それからは振り付けを担当し、オリジナルのダンスナンバーを創ったりして

徐々に創作活動にも力を入れるように。

もう、始めたての頃では、想像できないような未来が待っていました。

 

やはり、正しい練習法で愚直に努力していれば

必ず結果はついてくるんだな、と確信しましたね。

 

ダンスは一生モノ

 

ダンススクールに通って先生から練習方法を教わり

その練習方法をサークルに新しく入ってきた後輩に教えていくことで

どんどんサークル全体のダンスレベルが上がっていきました。

 

後輩にダンスの基礎の基礎を教えることで

「何となくあの人うまいよね」

にとどまらず、

「あの人のダンスだから観たいんだよね!」

と思ってもらえるような人を生み出してきたつもりです。

 

僕がダンスを教えた後輩は

どんどんダンスの魅力に浸かるようになり

初心者からでもあらゆる舞台に立つようになり

今までの人生に無いような感動体験を味わってもらうことができました。

 

3年の時を経て引退するその瞬間

 

「先輩のように、私達がサークルを強く出来る後輩を増やしていきます!」

 

と胸張って言ってもらえたのを、今でも覚えています。(あの時は感動した)

 

サークルを引退してからも

ダンスに浸る生活は辞めず、相変わらず後輩に教えていったり

社会人になってからも、サークル外の人に向けてダンスを教えたりしています。

 

ほんと、ダンスは一生モノだな、って思いますね。

 

最近では徐々に教える範囲を広くしていき

ネットを通じて出会った方にも、ダンスの基礎を教える活動を始めました。

 

始めたての方を対象に、

ダンスの基礎の基礎を身につける方法から、

上達するための道のりを提示してあげています。

 

これからダンスを始めよう!

…と思ったものの、

「何をすればいいかわからない」

って人、めちゃくちゃ多いと思うんですよね。

 

 

 

実際、今のダンス業界って

本当の本当の初心者に向けたレッスンが用意されてなかったり

 

練習方法がきちんと確立されていないので

悩むのは、もはや当たり前なんですよ笑

 

僕も学生時代に累計1000本以上のレッスンを受けて

その中で「この練習法は絶対やったほうが良いな!」というのをメモして

実際にスタジオを借りて、学んだことをひたすら練習し続けて

やっとのことで、上達するためにするべき練習法が一通りわかりました。

 

もっと多くの初心者に、練習法を還元したい…!!

 

というわけで、僕が様々なダンサーから学び、

試行錯誤していく中で作り上げた練習法

皆さんにお届けしたいな、と思います。

 

というのも、僕自身初心者の頃すごく迷ったんですよ。

「ダンス始めたは良いけど、何すれば良いのかわからんーー!」

って。

 

幸いダンスサークルに入ってたし、

良い出会いに恵まれてスタジオに通うことができたので

何とか練習方法を生み出すことができましたが、

 

お金がなくてなかなかスタジオ通えなかったり

周りにダンスする仲間がいなくて教われる環境がなかったり

独学で頑張りたいけどどうすれば良いかわからない…

 

という方、結構多いと思うんですよね。

 

そういう方にとって、ダンスを始めるキッカケになれば良いな、と思っています。

 

 

今回、みなさんにお渡ししようと思っているのは

ダンスを練習していく中で、最も多くの人がつまづきやすいであろう

 

「振り付けを最短最速で覚える方法」

 

にフォーカスした、振り付けの教科書です。

 

称して、『The Choreographer Bible』

 

 

正直、これ一冊読めば、もう振り覚えに困ることはなくなるでしょう。

 

ですが、ここに書いてある内容は

僕がダンススクールに通っている中で、

 

様々なジャンルのトップダンサー

TVの音楽番組でもバリバリ活躍してるダンサーから

個別で直接振り覚えの仕方を聞きまくった内容を

 

僕なりに、共通項をまとめて

実践していき、本当に役に立つな、と感じたノウハウだけ

ギュッと詰め込んだものとなっています。

 

つまり、普段のダンススタジオのレッスンでは語られることのないような、

かなりディープな内容のものとなっています。笑

 

なので、ここで全て公開してしまうと

他のダンサーからどんな目で見られるかわかりませんし

内容も、そこそこのボリュームなので

 

気になる方は、LINE@の方でお渡ししていますので、どうぞ。

(PDFで内容をまとめた教科書となっております!)

あ、もちろん無料なので、安心してくださいね。

 

 

\無料で『The Choreographer Bible』を受け取る/

 

 

 

というか、僕としては

振り覚えくらい、サクッと出来るようになるのが、

業界のスタンダートになれば良いな、と思ってます。

 

振り覚えができなくてつまづいて辞めてしまう方、多いと思うんですよね…。

 

でも、振りを覚えてからが、ダンスの醍醐味だったりします。

それから、大きい舞台に立って歓声を浴びたり、自分で振りを作ったり…。

楽しい世界は、極めれば極めるほどやってきます。笑

 

なので、サッサと振り覚えのコツを身につけて、

いろんな振り付け師の踊りをこなせるような力をつけちゃいましょう!

 

【練習法を見てくださった方からの声】

 

 

趣味で踊っていると他の人がどうやって練習しているのか全く知らないので、具体的な手順を知れてよかったです!

 

読ませれて頂きました。
一緒にやる友達にも詠ませます
これに書いてあることを見ながら練習したいと思います

 

無駄な説明がなくとても分かりやすかったです!

 

ありがとうございます!
一つ一つの事が丁寧にまとめられていて、すごく分かりやすかったです!
今は忙しいのですが、落ち着いたら頑張ってみようと思います!

 

拝見しました
結構細かく説明して下さってでとてもわかりやすいです
順番どうりにまとめ下さってるので最初はこれ、次はこれ
と書いてあるのでやりやすいとおもいました

 

振り付け練というのは初めて聞いたので、新鮮で面白い練習だなと感じました!

 

文章も分かりやすくてめちゃくちゃ助かります!!!

 

 

ノウハウは、読んで学んだ内容を実践していくことで初めて身につきます。

 

書いてある内容を取り組んでいただければ、

確実に、結果も変わってくるでしょう。

 

そして何よりも、

皆さんにダンスの魅力に気づき、楽しんでもらえればな、

と思っております。

 

集団レッスンには限界がある

 

僕はダンススタジオのレッスンを通じて基礎や上達法を学びましたが、

正直、本当に始めたてで右も左もわからない…、

という人には、レッスンは向いていないかもな、って思いました。

 

というのも、集団レッスンって

生徒それぞれの状況に合わせた教え方ができなかったりするんですよね。

 

受けてる人のダンス歴もバラバラだし、

やりたいジャンルも、それぞれの特徴も、バラバラですし…。

 

学校の集団授業で

受けてる人それぞれに適した授業ができないのと

似たようなものです。

 

そんな環境の中、

本当に自分にあった練習法を見つけるのって難しいんですよ。

 

だからこそ、ぷろがダンスを教えるときは

 

 

どんな場面でも応用できて

あらゆるジャンルで活用できて

どんな先生に教わる時にも活かせる

 

 

”変わらない本質の部分”を、お伝えできたらな、と思って活動しています。

 

最初の段階で、基礎を理解することができれば、

今後ダンスのレッスンを受けたり、サークルや部活で活動していく中でも

いちいち悩むことなく練習出来るようになるはずです。

 

今までサークル活動をしていく中で

ダンスを始めたばかりの人に向けて一から練習法を教えていたので

初心者がどこでつまづくのかが大体わかります。

 

今回は「振り付け」という側面で練習法をお渡ししてますが

受け取ってくれた方には、今後も上達法を定期的にお送りしていきたいな、と思っています。

 

振り付けだけじゃなく、

 

 

ダンスの基礎力を上げる方法

ダンスを通じて観客の心を動かす方法

あなただけのファンを作り出す方法…

 

 

などなど。

 

色々な角度から、あなたのダンスライフを支えていきたいな、と思ってます。

 

ダンスは良いですよ。

一生出来ますし、他のスポーツや勉強では味わえないような感動を与えてくれます。

 

よかったら、「どんなもんかな?」ってお試し感覚で良いので

「The Choreographer Bible」を手に取ってみてくださいね。

 

 

 

今なら、期間限定で「ダンス完全上達マニュアル」も特典付き!

 

 

 

 

 

\無料で『The Choreographer Bible』を受け取る/

 

まだコメントはありません。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です